Hな話掲示板


Hな体験談、作り話の投稿の場です。
以下は削除されます。
・仲間探し(出会いのコンテンツへ)
・悩み相談(「悩み相談」へ)
・疑問や質問(「Q&A」へ)
・内輪話(チャットや「雑談」へ)
・否定的なコメント
・実話か創作かの議論

※ここはゲイサイトです。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃投稿順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
50 / 6383 ツリー    ←次へ | 前へ→
返信は記事右上のメールマークより匿メールをお使い下さい。
詐欺被害の報告が多発しています。売り専の勧誘、薬物・物品販売などのメールは無視して下さい。
管理人を騙ったメールが送信されていますが、当サイトから警告や通報のメールを送ることはありません。
サポの書き込みはサポ専用掲示板に。18禁、マジメ、写真での募集投稿は削除します。

バレエダンサーのデッサンモデル 1 19/3/19(火) 0:39
バレエダンサーのデッサンモデル 2 19/3/19(火) 0:42
バレエダンサーのデッサンモデル 3 19/3/19(火) 0:45
バレエダンサーのデッサンモデル 4 19/3/19(火) 0:47
バレエダンサーのデッサンモデル 5 19/3/19(火) 0:51
バレエダンサーのデッサンモデル 6 19/3/19(火) 0:53
バレエダンサーのデッサンモデル 7 19/3/19(火) 0:56
バレエダンサーのデッサンモデル 8 19/3/19(火) 0:58
バレエダンサーのデッサンモデル 9 19/3/19(火) 0:59
バレエダンサーのデッサンモデル 10 19/3/19(火) 1:01
バレエダンサーのデッサンモデル 11 19/3/19(火) 1:02
Re(1):バレエダンサーのデッサンモデル 11 devant 19/3/19(火) 9:45
Re(2):バレエダンサーのデッサンモデル 11 19/3/20(水) 1:55
バレエダンサーのデッサンモデル 12 19/3/20(水) 1:52
バレエダンサーのデッサンモデル 13 19/3/20(水) 1:54
Re(1):バレエダンサーのデッサンモデル 13 バレエファン 19/3/23(土) 6:14
Re(2):バレエダンサーのデッサンモデル 13 19/3/25(月) 23:30
バレエダンサーのデッサンモデル 14 19/3/25(月) 23:24
バレエダンサーのデッサンモデル 15 19/3/25(月) 23:29
Re(1):バレエダンサーのデッサンモデル 15 バレエファン 19/3/26(火) 6:53
バレエダンサーのデッサンモデル 16 19/6/9(日) 21:30
Re(1):バレエダンサーのデッサンモデル 16 バットマン・タンジュ 19/6/10(月) 13:01
バレエダンサーのデッサンモデル 17 19/6/13(木) 14:07
バレエダンサーのデッサンモデル 18 19/6/13(木) 14:08
バレエダンサーのデッサンモデル 19 19/6/13(木) 14:09
Re(1):バレエダンサーのデッサンモデル 19 バレエファン 19/10/21(月) 4:58

バレエダンサーのデッサンモデル 1
  E-MAIL  - 19/3/19(火) 0:39 -
以前投稿したのですが、かなり前で、追加で書いたのを投稿しようとしたら親記事を間違えて削除してしまったので、
もう一度投稿し直します。
以前途中まで読んでくださった方、最初の方は内容重複しますが最後まで読んでくださると嬉しいです。


俺はプロバレエダンサー。ずっとバレエを習っていたこともあってか、高校生の頃から体育の着替えの時には同級生が「ホントエロい体してるよなぁー」なんて言いながらお尻を触ってきたりしていた。
俺は俺で、『(女子の)エロい体』っていうのにはこだわりがあるわけで、それはもちろんツルスベで細くてしなやか、それでいて大きくなくても良いから柔らかな胸。腕や脚の細さ、ウエストのくびれなど絶妙なバランスの好みがあり、それに比べて自分は男ですね毛だってわき毛だってまぁ同年代の平均(?)くらいは生えてたし、そういう自分目線での『エロい体』という定義からはかけ離れていたから、なんでそんなこと言われるのかわかっていなかったし、そんな同級生が振ってくる言葉を適当に笑ってあしらっていた。第一、「お前すんげー良い体して彼女いんだろ。」
って思ってた。

ま、前置きはこんな程度にしておいて、俺は身長180cm 体重72kg 年齢27歳。
これは2年前の話。2年前は25歳で、体重70kgくらいだったかな。
高校の時の話じゃないんかい!ってがっかりしたらごめんなさい。

バレエダンサーって、ヤワなイメージの人多いと思う。
でも、アーティストでありアスリートって言われる過酷な世界。

白タイツの中にあるのは、イメージとは真逆の筋肉質の脚。
上半身も、女性を持ち上げるために割と筋肉ついてるんです。
中には筋肉バカみたいなムキムキのダンサーもいるけど、大体は、程よく筋肉がついているって感じかな。
俺は筋肉の質が柔らかい方だから、それで体の見た目の印象が少しソフトでエロく見えたんだろうか。

バレエダンサーって、舞台だけではなくて、写真や動画撮影もします。
特に写真は、トップレス(上半身裸)が多く、その下はタイツなど穿くことが多いけれど、まれに、Tバック状になっていてダンサーがタイツの下に必ず穿いているサポーター一枚だけで撮影をすることもあります。これをただの卑猥なものに見せず、アートとして成り立たせられるから、バレエはすごい。
自分がそこまでに値する とは言わないけれど、俺も撮ったことがあるんだ。

他の写真はアップロードしたけれど、さすがにその写真は公開しなかったんだ。
世界中にたくさんそういう写真も含めてアップロードするダンサーはいるけれど、俺はそんな自分の体は公開するほど大層なものではないと思っていたし、自分で思い出にしておくだけで良いかな。と思ったから。

でも、写真家の友人なのだろうか。撮影から2日後、知らない人からのメールは届いた。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_6 like Mac OS X) AppleWebKit/604.5.6 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@li1854-87.members.linode.com>
・ツリー全体表示

バレエダンサーのデッサンモデル 2
  E-MAIL  - 19/3/19(火) 0:42 -
ーーーーー
件名:バレエモデル
内容:
初めまして、こんにちは。
突然のメールお許しください。
私は写真家の井上雅樹さん(仮名)の友人の神崎龍太郎(仮名)と申します。
趣味ではありますが絵を描いていて、たまに個展も開かせてもらったりしています。
井上さんの作品を見せていただく機会があり、この度勝手ながら稜さんの写真をいくつか拝見し、是非稜さんをモデルに絵を描かせていただきたいと思い、メールをしています。
絵のモデルは写真と違って長時間ポーズをキープしなければならないので
今回は簡単に1ポーズ20分くらいで4〜5ポーズくらい休憩を取りながら描かせていただければと思います。衣装はこちらでご用意致します。
もちろん謝礼はお支払い致します。
もし気になりましたら是非お返事ください。待っています。

神崎龍太郎
ーーーーー


俺の知らない間にデッサンモデルの話が持ち上がっていたのか。
先日写真撮影をしたカメラマンの井上さんにLINEした。

俺:なんか画家(?)の神崎さんからメールきたんだけど。井上さんに撮ってもらった写真見たって。
井上:あー、そうそう。この間俺ん家にきた時に最近の写真を見せたんだ。
俺:勝手にメールきたけど-_-
井上:ごめん、俺が教えた。でも、絵のモデルなんてまた違った世界で良いんじゃない?
俺:バレエのポーズ1つ20分なんてキープ出来ないよ。
井上:脚あげないポーズだって良いじゃん。忙しいだろうけどとりあえずスケジュール合う時にやってみなよ。
俺:考えておく

絵は未知の世界だった。
バレエのポーズって大体脚を上げているのが多いから20分はおろか1〜2分だって同じポーズをずっととっていたら筋肉痛になって次の日踊れなくなる。

色々考えた結果俺は引き受けることにした。
スケジュールがなかなか合わず、2ヶ月後に と言うことになった。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_6 like Mac OS X) AppleWebKit/604.5.6 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@li1854-87.members.linode.com>
・ツリー全体表示

バレエダンサーのデッサンモデル 3
  E-MAIL  - 19/3/19(火) 0:45 -
ーーーーー
件名:Re: バレエモデル
内容:
ご検討、そして嬉しいお返事ありがとうございました。
では当日、13時にJR高円寺駅北口で待ち合わせ致しましょう。

神崎
ーーーーー

と、最後のメールのやり取りをした1週間後、
12時頃に高円寺駅に着いて駅のリト◯マーメイドで少しだけパンとコーヒーを。
この日は久しぶりに1日オフだった。

会ったこともなかった人だしちょっと緊張して、10分前には待ち合わせ場所に出ると、そこには見覚えのある顔が。
写真家の井上さんだった。

俺「井上さん!すごい偶然ですね!」
でもなんだか言葉では表せないような、微妙な、変な感じもした。
その隣には長身の30歳くらいの男性が立っていたのだけど、俺には直感でこの人が絵描きの神崎さんだとわかったから。
井「おう。紹介するよ、彼が今日デッサンする神崎くん。こちらが、バレエダンサーの稜くん。」
神「写真より爽やかだね。よろしくね。」
なんで井上さんに当たり前みたいに紹介されてるんだ?
俺「よろしくお願いします。てか井上さんどうしたんですか?」
井「稜くんにとって会ったことない人だし、初めてだし、紹介した方が良いかなって。」
俺「それはご丁寧にどうもだけど、仕事無いんですか?」
井「実は俺も神崎くんが描いている間に稜くんを撮らせてもらおうかと思って。」

一瞬、え?って思ったけど
井上さんが良いカメラマンなのは知っていたし、すぐに承諾した。

ただ心配なのは写真は何枚か撮ったらポーズを変えるけれど、デッサンは同じポーズをしばらく保つだろうということ。

まぁそんなことを俺が心配しても、井上さんはプロカメラマンだしうまくやるんだろうけど。

井「それじゃぁ行こうか」

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_6 like Mac OS X) AppleWebKit/604.5.6 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@li1854-87.members.linode.com>
・ツリー全体表示

バレエダンサーのデッサンモデル 4
  E-MAIL  - 19/3/19(火) 0:47 -
神崎さんと言う絵描きさんと会う=1対1だと思っていたのに、もう既に井上さんとも会う事が予定されていたかの様に井上さんがリードしている。

みたいなことを思っているのもつかの間、もう着いてしまった。

と言うのも会場が駅に直結しているホテルだったのだ。

(え!?ホテル!?)と意外なロケーションに驚いている間も無く、エレベーターで部屋へ。

もうチェックインしてあったみたいだ。
井上さんによってドアが開けられると、部屋は大きめのツインルームだった。


井上「飲み物は何が良い?」
一通り買い込んであった様で、色々揃っていた。

俺と神崎さんはホットコーヒーをブラックで。井上さんが淹れてくれた。
井上さんは缶コーヒーが好きなんだってさ。

わざわざコンビニで売ってるあのプレミアムロール的なのも出してくれた。

ちょっと一息。

神崎「今日は4時間くらいかかるけど、時間大丈夫?」
俺「大丈夫です。でもずっとポーズしてるんですか?」
神崎「いや、それはきついだろうから、1ポーズ15分から20分くらいで休憩を挟んでポーズを変えていくよ。」

それを聞いて少しホッとした。

神崎「バレエやってどのくらい?」
俺「もう15年くらい経ちます。」
神崎「プロになって長いの?」
俺「お金もらう様になったのは18歳くらいからです。」
神崎「すごいね。若い時から。」

なんていう俺の経歴をちょこっと話して、コーヒーも飲み終わり緊張がほぐれてきたところで

井上さんが「じゃぁ、シャワー浴びてきてもらおうかな。」

俺の頭が???となっていると、神崎さんが用意した衣装を着てもらうから。と言うことだった。

頭の???が取れたわけでは無いが、汗もかいていたしお言葉に甘えてシャワー浴びることにした。

俺がシャワーを浴びていると
神崎「衣装、脱衣所に置いておくから、上がったら着て!」
という声が聞こえた。

シャワーを浴びながら
はい!と返事をする。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_6 like Mac OS X) AppleWebKit/604.5.6 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@li1854-87.members.linode.com>
・ツリー全体表示

バレエダンサーのデッサンモデル 5
  E-MAIL  - 19/3/19(火) 0:51 -
シャワーを浴び終わり、カーテンを開けると洗面台には”衣装”が置いてあった。
と言っても、置いてあったのはバスローブ(ホテルのではなさそうだった)と水着のサポーターの様な生地が薄く、小さい白いブリーフパンツでしかも横の部分はほぼ紐状な下着だけだった。

戸惑ったけれど、ご丁寧に俺が着て来た私服は置いた場所から無くなっていて、代わりにこれらの”衣装”が置いてあったので、これを着るしかない。

すっごくピチピチの下着。
水気を拭ききれていなかったところがあったからか、下着の前部分が濡れてしまったのだけれど、その部分が結構透けて形がくっきり出てしまい恥ずかしかったので慌ててドライヤーで乾かして、他の部分が濡れていないか確認してから、バスローブの前の紐を結んで部屋へ出た。


神崎・井上「おー!」
井上「似合ってるね」
神崎「うん、本当に。」

俺「てかそんなことより下着が変なんですけど!」
神崎「絵を描くのに、出来るだけ体のラインを出したいからさ。いやだった?」
俺「んー、まぁ」
神崎「大丈夫、ポーズに集中してくれれば気にならないよ。」

そりゃぁ嫌というか変な感じだよ!
男3人でホテルの一室でバスローブってだけでも変なのに、その下は濡れたら透けちゃう様ななんだかイヤらしい下着だよ!
って一人心の中でツッコミをいれた。


井上「じゃぁ早速始めようか?」
神崎「まずは簡単で楽なポーズから始めよう。ベッドの上に座って、上半身は枕重ねて後ろに寄りかかる感じで。」

神崎「両脚伸ばして楽にして。」
「もう少し脚を広げて」

神崎さんが全体の構図を見ながら
井上さんが実際に俺のカラダの角度を変えていく。

神崎さん自身も俺の元に来て、描きたい姿を探していく。
バスローブを、少しはだけさせられた。
上手いこと乳首が見えてしまわない位置。
でも、バスローブの腰紐から下の部分は前が空いているわけで、脚を広げると微妙に例の下着がチラ見えしてしまう。
その角度も絶妙な位置に直されて、やっとデッサンがスタートした。

神崎「じゃぁこのポーズキープで今から15分から20分くらいで描きます。お願いします。」

そう言って神崎さんはストップウォッチをスタートボタンを押した。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_6 like Mac OS X) AppleWebKit/604.5.6 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@li1854-87.members.linode.com>
・ツリー全体表示

バレエダンサーのデッサンモデル 6
  E-MAIL  - 19/3/19(火) 0:53 -
神崎さんが描きはじめて早々に、井上さんも写真をいろんな角度から撮りはじめた。 

何分経ったかわからなかったけど、結構時間経った気がしたのに、井上さんはずっと神崎さんの邪魔にならない様に角度を変えて写真を撮り続けていた。

いやいや、さすがに撮りすぎだろう。
しかも、まるで女子高生のスカートの中でも撮るように、ベッドに投げ出してある足の裏の方からバスローブの隙間にある脚の間を入れて撮っていた。
サポーター(第1話でも少し書きましたがTバック状のダンスサポーター)一丁だけでの撮影をしたことがあるとはいえ、バスローブの間から撮られるとなんとも言えない恥ずかしい気持ちになるから不思議だ。

そこで文句言わないのかって?
なんだか変なプロ根性というか、舞台人として振る舞うという意識みたいなのがこの時はあったんだと思います。

でも、やっぱり恥ずかしい。
井上さんが撮りながら「いいねー」なんてたまにつぶやくから。


そうこうしている間に1枚目のポーズが終わった。

少し休憩。

俺「てか井上さんメッチャわいせつ写真みたいな角度で撮ってたじゃないですか!」
井上「失礼な!かなり色っぽく撮れたよ!」
俺「色っぽくって何だし」
神崎「いや、結構良い雰囲気出てたよ。」

それなら良いんだけどさ。

ということで、5分経ったか経たないかくらいの休憩が終わり次のポーズ。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_6 like Mac OS X) AppleWebKit/604.5.6 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@li1854-87.members.linode.com>
・ツリー全体表示

バレエダンサーのデッサンモデル 7
  E-MAIL  - 19/3/19(火) 0:56 -
神崎「じゃぁ今度はバスローブの前を開けようか。腰紐解いちゃって。」 
男同士だし、下着だって穿いている(っていってもなんだかイヤらしい下着だけど)のに、腰紐を取るってのがなんだか恥ずかしかった。
でもそんなこと悟られないように、何でも無いようにスッと引っ張って取った。

「今度は立って、バスローブがこのくらいに」
神崎さんはバスローブを俺の右の肩よりも下、もう重さで肘にかかるくらいのところまではだけさせ、
左は肩にかかるくらいに広げた。

「左手を腰に置いて、右手は頭を軽く触るくらい。」
その後井上さんは微妙に俺の身体や手、腕などの角度を変えていく。


井上「よし、じゃぁこのポーズでまた15分くらいお願いします。」
ストップウォッチをスタートした。


なるべく目線を一定にしていたいんだけど、時々気になる絵の進み具合。
って言ってもこっちからは何にも見えはしない。

代わりに見えるのは、かなり写真を色んな角度から撮りまくる神崎さんと、
俺の身体を凝視する井上さん。


普段する写真モデルとは全然違う感じ。

もう、自然に、ananの表紙みたいな表情になっていたと思う。

バスローブ着ているけど、ある意味こんな下着穿いてあんなポーズしてたらananよりいやらしいんじゃ無いか?


なんてこと思っている時に、ふと鏡に少しだけ写る自分が見えた。

自分で認めたく無いけれど、この撮影、エロ要素あるんじゃないか?って思うようなポーズをしている自分がいた。

そしてそれを描く井上さん、撮りまくる神崎さん。

男3人。目の前に女性はいないのに、なんだかいけない事をしているような雰囲気に、薄い下着の中で俺のモノは熱を持っていた。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_6 like Mac OS X) AppleWebKit/604.5.6 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@li1854-87.members.linode.com>
・ツリー全体表示

バレエダンサーのデッサンモデル 8
  E-MAIL  - 19/3/19(火) 0:58 -
まさか勃っているなんて、そんなことバレてはいけない。
と、そっと、ほんの一瞬だけ目を瞑ったが
今はポーズをしている最中であること、なにより目を瞑ったところで状況は何も変わらない事を悟り
勇気を出して目を開けた。

目の前ではそんな事気づいていないかの様に神崎さんは絵を描いていたし、井上さんは写真を撮っていた。

良かった。気づかれていないんだ。

そう思って一瞬だけ目線を落としたら、俺の膨らみは全力で勃っていないとはいえ、明らかだった。
絶望的だった。
と同時にその瞬間、ものすごい恥じらいの気持ちに包まれた。

男子中学生の様に、、、俺が中学生だった時の様に、の方が正しいか。とにかく、他のことを考えようと思っても、逆効果なだけだった。


どう切り抜けよう。2人は俺のこと変態だと思っているのだろうか。

そう思っていた矢先に神崎さんが言った。
「ちょっと右手が落ちて来たから、元の位置に戻して。それから目線ももう少し、最初の時みたいに上から斜め下を見ている感じにしてくれる?」


そうだ、何を考えていたんだ。モデルに集中していないからこうなるんだ。

と思い直した。そのおかげで、股間の膨らみも収まった。


今思い返すと、バカ真面目な俺の性格が逆に恥ずかしい。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_6 like Mac OS X) AppleWebKit/604.5.6 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@li1854-87.members.linode.com>
・ツリー全体表示

バレエダンサーのデッサンモデル 9
  E-MAIL  - 19/3/19(火) 0:59 -
一度見てしまった、自分の知らない鏡の中の自分。

いつもレッスンやリハーサルでスタジオにある大きな鏡でいろんなポーズや動きをする自分を見ることには慣れているのに。
こんな自分、見たことなかった。

バレエダンサーには何故かイケメンや美人が勢ぞろいだから、俺なんて普通な方なのに、鏡の自分に少し見惚れた。鏡の中の自分のあの表情。自分自身とわかっていても、目が合っていることにすらドキっとした。

そんな事を思っていると。また自分の股間に血流が集中して行く。

あぁ、こんなのダメだってわかっているのに。
大の大人の男性2人も目の前にしてこんな恥さらしをしてしまっている。


他のことを考えようとしても、この今までに経験したことのない独特で異様な雰囲気が、余計にあそこのコントロールを不能にしていた。

まぁ井上さんも神崎さんも、あそこばっかり凝視しているわけじゃないだろうから。と割り切るしかなかった。


ストップウォッチをチラ見したら、ちょうど15分を過ぎたところだった。

神崎「じゃぁこの辺で。」
井上「10分くらい休憩しよっか。」

俺「やったー!!」

神崎「作品は完成したら見せるけど、結構良い感じだよ」

それならまだ報われる。こんな恥ずかしい思いして、ポーズが微妙とか、うまく描けなかったとか言われたら結構しんどい。


最初に井上さんが淹れてくれたコーヒーが冷めていた。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_6 like Mac OS X) AppleWebKit/604.5.6 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@li1854-87.members.linode.com>
・ツリー全体表示

バレエダンサーのデッサンモデル 10
  E-MAIL  - 19/3/19(火) 1:01 -
井上「コーヒー淹れ直してあげる。」
俺「ありがとうございます。」

俺はバスローブの紐を結び直してコーヒーをいただく。

井上さんが淹れてくれたコーヒーをすすりながら、プレミアムロールケーキを食べる。
甘いクリームとあたたかいコーヒーが俺をほっとさせてくれた。


神崎「稜くん、描きがいあるよ。ポーズもかなり上手だし。」
そりゃぁ、プロのバレエダンサーだし、一般の人よりは上手だろうな、とは思ったけど、そんなおだてられてる感ある言葉で褒められて悪い気はしなくて。


休憩中は井上さんが仕事の話をした。
どうして写真を撮るのか。しかも主にバレエをはじめとした舞台写真。
目や心に焼きつく動き、シーン、感情があるのが生物の舞台の醍醐味だけれど、逆に写真から思い出すその舞台の雰囲気がある事に気づいてしまい、そこからいかに躍動感のある「写真」という動きの中の一瞬を切り取ったものを撮れるかということの虜になったんだとか。


そんなのが10分で足りるわけないのでかなりさらっと話してくれたけど。
そのあと井上さんはパソコンで撮った写真を確認しはじめた。
いらない写真を消したりしているのか、真剣な表情だったけど、一瞬、ほんの少しニヤけた様にも見えた。


神崎「今までの2枚はウォーミングアップで、ここからが本番って感じだけど、やってみて大丈夫そう?」

俺「たぶん大丈夫だと思います。途中でちょっとずつ動いて最初にとってたポジションと違うって気づいたら直してるんですけど、それで良いのかな?」

神崎「人間だからポーズとってたって動いてしまうのは仕方ないし、機械みたいに固まっててもぎこちなくなるだけだから、基本動かないように気をつけててくれればあとはそんなに気にしなくても良いよ。息遣いとか、人間の体温とか、そういうのも絵の雰囲気に入れられたらって思って描いてるし。」

俺「わかりました。」

神崎「井上さん、はじめても良い?」

井上「あと1分。」パソコンをいじりながら返事をする。

俺「じゃぁトイレに行ってきます。」

バスルームで下着を下ろし、用を足した。
こんな薄い生地でシミになったらすごく恥ずかしいのでよく振り絞り、しかもモノを洗い、バスタオルで念入りに拭いてから穿き直した。

こんな卑猥な下着、なに律儀に穿き直してるんだろう。
と思いながらバスローブを羽織って部屋に戻った。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_6 like Mac OS X) AppleWebKit/604.5.6 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@li1854-87.members.linode.com>
・ツリー全体表示

バレエダンサーのデッサンモデル 11
  E-MAIL  - 19/3/19(火) 1:02 -
神崎「大丈夫?」 
俺「はい。お待たせしました。」
井上「俺もオッケー。」

神崎「じゃぁ今度はバスローブとっちゃおうか。」

俺「完全に?」

神崎「脱いで、それを少しぐしゃっとして体の上にかけてみよう。」
「ベッドに横になって、枕に寄りかかるようにして。」
「右手はリラックスして横に置いて、左手は頭の上に。」
「・・・そうそう。」

そしてさっき脱いだバスローブを神崎さんがちょこっと俺の下着の上あたりにかぶせた。

ゴクっと井上さんの生唾を飲む音が聞こえた。

井上「なんていうか、エロい・・・てか色っぽい。」

俺の顔が熱くなるのを感じた。
ていうか、井上さん一瞬エロいって言ったのを訂正するように色っぽいって言ったけどこれをエロいって思うわけ?
いやいやそれ以前に色っぽいも、なんか問題じゃないの?

いろいろ思ったけど、神崎さんの開始の合図でまたポージングモードになった。

ここから15分。ベッドに横になっているから割りと楽だった。
ただ、動かないように。そして視線や表情を崩さないように。


しばらくカメラのシャッター音と鉛筆が紙をこする音だけが部屋に響いた。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_6 like Mac OS X) AppleWebKit/604.5.6 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@li1854-87.members.linode.com>
・ツリー全体表示

Re(1):バレエダンサーのデッサンモデル 11
 devant  - 19/3/19(火) 9:45 -
ずっと待ってました!
続きが楽しみです!!

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@kd027091156123.ppp-bb.dion.ne.jp>
・ツリー全体表示

バレエダンサーのデッサンモデル 12
  E-MAIL  - 19/3/20(水) 1:52 -
神崎さんが時々近づいてきていろんな角度からカラダを念入りに観察する。 
神崎「ちょっと触って感触を確認するね。」
腕や脚を握ったりして質感を確かめているようだった。
その時鼻息が触れるくらいでくすぐったかったが動かないように必死に耐えた。

でも、もうみなさんわかると思うけど、俺のあそこはビクビクしていた。
触り方がとても紳士的で、それでいて落ち着くというか、まるで上手なマッサージ師の手の様な、包み込む様な、なんとも形容しがたい感じで
神崎さんは質感を確かめているだけなんだろうけど、そのなんとも言えないタッチとこの異様な雰囲気にあそこは反応していた。

バスローブがかかっているのが唯一の救いだった。

必死に他のことを考えてどうにかあそこを収めようとした。

まだ時間は5分くらい残っているだろうか。
それだけあればなんとかおさめられるだろう。

何かこの雰囲気を少しでも変えたくて、咳払いをしたり、深呼吸をしたり、いろいろ試した。

このセッションが終わるまでにはなんとかおさまった。

でも、神崎さんがバスローブを外した瞬間、神崎さんが一瞬だけ下着を凝視して
冗談っぽく言った。
神崎「あはは、ちょっと濡れちゃったみたいだね。」

もう顔から火が吹くほど恥ずかしかった。
ちょっとどころか結構しみができていた。

薄い生地だから外側からもよくわかる。

恥ずかしいし、この下着のままじゃモデル続けられない・・・と思った。


そんな絶妙なタイミングで

神崎「じゃぁ次はこれ穿いてもらうね。」

と取り出したのは白い布だった。

俺が???となっていると
井上さんが「褌(ふんどし)だよ。」と言った。

褌締めたことなんてない。どうやって穿くんだろう。ただの布だし。

というのを見透かしてか元々予想はしていたのか
神崎「締めてあげるから大丈夫。」

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_6 like Mac OS X) AppleWebKit/604.5.6 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@li1854-87.members.linode.com>
・ツリー全体表示

バレエダンサーのデッサンモデル 13
  E-MAIL  - 19/3/20(水) 1:54 -
神崎「布の中心を股に当ててそれぞれ前と後ろの布を持ち上げてからおいで。」 
と優しく教えてくれたのでバスルームに行き、濡れた下着を脱いで、
そして自分のモノを洗ってバスタオルで念入りに拭いてから、布を当てて前後で上に引っ張って抑えながら部屋に出た。

すんごい恥ずかしかったけれど、どうしようもないので
神崎さんにお願いする。

神崎さんが丁寧に締めてくれる。もちろん、前の布をあからさまに外す事なく。
とっても紳士的だった。

でも、
「稜くんのお尻やわらかいね」
と神崎さんは後ろに手を回した時に俺のお尻を触って冗談のように言った。

揉むとか掴むとかじゃなくて、まるで女の子のほっぺたを触るように、何回か俺のお尻を触った。

「本当だ。」と無邪気に笑いながら井上さんも触ってきた。

友だち同士の様なノリで触られたけど雰囲気はいつもの友だち同士のノリとは違う感じ。
そりゃそうだ、男3人ホテルの部屋で、俺は褌一丁なんだから。


そんなこんなしてる間にあっという間に褌が締まった。

実は褌って具体的にどんなものか知らなかったけど、Tバックになってるんだ。
祭りみたいに前に布が垂れているのではなく、もうなんだかちょっと厚めのTバックを穿いているだけの状態。


神崎「じゃぁ、そのままこっちを向いて、壁に寄りかかって立ってみて。」
「そうそう。ちょっと足を前に置いて腰を突き出す感じで。」
「片手は褌の淵に。反対の手は頭の上で後ろの壁を押さえる感じで。」
「目線は俺の方。」
神崎さんは小さめの椅子に座って斜め下から俺を見上げていた。
「いいね。」
「じゃぁこれでまた15分くらい。お願いします。」

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_6 like Mac OS X) AppleWebKit/604.5.6 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@li1854-87.members.linode.com>
・ツリー全体表示

Re(2):バレエダンサーのデッサンモデル 11
  E-MAIL  - 19/3/20(水) 1:55 -
そんな方がいてくれたなんて、嬉しいです。
ちょっとずつ更新します。

▼devantさん:
>ずっと待ってました!
>続きが楽しみです!!

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_6 like Mac OS X) AppleWebKit/604.5.6 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@li1854-87.members.linode.com>
・ツリー全体表示

Re(1):バレエダンサーのデッサンモデル 13
 バレエファン  - 19/3/23(土) 6:14 -
続き待ってま〜す!
バレエ大好きなので、どんなダンサーなのかな・・・と想像しながら萌えています(^^;;
体がきれいな人が多いですからね>バレエダンサー。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/72.0.3626.121 Safari/537.36@i121-119-55-100.s41.a002.ap.plala.or.jp>
・ツリー全体表示

バレエダンサーのデッサンモデル 14
  E-MAIL  - 19/3/25(月) 23:24 -
もう慣れた、今日ずっと聞いているカメラと鉛筆の音。 

真剣な表情で描き続ける神崎さんと
神崎さんの邪魔にならない様に気を遣いながらもいろんな角度から撮り続ける井上さん。

顔のアップだって上半身のクロースアップだって、下から見上げる様に撮ったり、なんなら股間しか写してないんじゃないか?って時もあった。

神崎さんが近づいてきて、俺の脚まじまじと見る。

そして、ふくらはぎ、内腿、とちょっと長めに、確かめる様に触った。
もうあと数センチ上には股間。
神崎「良い筋肉してるね。」

俺は正直耐えるのに精一杯だった。
だって感じちゃうって。

神崎さんはまた椅子に戻り再開する。

少ししたらまた俺のところに来て今度は上半身を触っていく。

神崎「腹筋はうっすらって感じだね。」
お腹は撫でてきた。
胸は触って筋肉造りを確認するようだった。

また戻って描き続ける。

また俺の元へ来た。

今回は実際に俺の元へ来てのチェックが多かった。

そして今度はわき毛を何度か撫でられた。
くすぐったい。
神崎「なるほど。」

毛の質感も確認するのか。と思っていたのもつかの間
神崎さんは俺のわきをクンクン嗅ぎ始めた。

俺「ちょっと何してるんですか!」
と焦っていると
「匂いも雰囲気を出すのにとても大事だから。」
神崎さんは落ち着いた感じで、なんだか有無を言わさない雰囲気があったので俺もそれ以上何も言えなかった。

神崎さんはわきの匂いと首筋の匂いを嗅いで、また椅子に戻っていった。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_6 like Mac OS X) AppleWebKit/604.5.6 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@li1854-87.members.linode.com>
・ツリー全体表示

バレエダンサーのデッサンモデル 15
  E-MAIL  - 19/3/25(月) 23:29 -
わきの匂いを嗅がれる恥ずかしさは相当だった。

神崎「全然汗臭くないね。シャワー浴びた時の石鹸と少し残った香水の匂いが混じって良い匂い」

男にわきを嗅がれながらこんな事をわざわざ言われ、今までにない、非日常な事態に興奮している自分に気づいた。 
だって、俺のモノがまた脈を打ったいたから。

褌の中で大きくなっているモノ。
締める時、神崎さんは結構きつめに引っ張っていたから、
結構外からもくっきりしていないか、心配だったが確認することも出来ないままポーズをとっていた。


神崎さん「はい、ちょっと20分立っちゃったけど、お疲れ様です。」

井上さんはまたパソコンに戻り、
神崎さんは絵を少し仕上げているようだった。

俺は少しストレッチして頭とアソコに集中していた血流を分散させリフレッシュ。


神崎「じゃぁ今度は後ろ向きで。」
「脚肩幅に開いて立ってみて。」
「いいね。じゃぁこれでいこうか。」

井上「綾くん、壁に両手ついてほんの少しだけお尻突き出してみて。」

え!!と思ってる間に井上さんが俺の手を壁につかせて、両手で俺の腰を後ろに引いた。

井上「うん、いい感じ」
神崎「いいね。」
「じゃぁこれでまた15分くらいお願いします。」

意外と、後ろ向きで壁に手をついているし、目線も気にしなくてよかったのでこのポーズは少し楽だった。
Tバックのお尻は恥ずかしいけれど、視線を直に感じることは無いしアソコも落ち着いた。

そう思っている時だった。
お尻を触られている。
尻たぶの下の方、脚とおしりの境い目を触り、そして手でお尻を包み込むように覆われた。

たぶん手の感触では神崎さん。
まぁ今まで触ってきたのも神崎さんだったし。

また神崎さんが自分の椅子に戻っていった直後、
今度は井上さんであろう手も俺のお尻を触っていった。

そんなに男のお尻触って何が良いんだか。と思ったけど、
そうだ、絵と写真のモデルが目的だったんだ。

もう俺も何が常識なのか、よくわからなくなっていた(笑)

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_6 like Mac OS X) AppleWebKit/604.5.6 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@li1854-87.members.linode.com>
・ツリー全体表示

Re(2):バレエダンサーのデッサンモデル 13
  E-MAIL  - 19/3/25(月) 23:30 -
ありがとうございます。
バレエファンなんて、嬉しいです。
でも、プロになっておきながら言うのもなんですが、やっぱり残念ながら見た目では白人のバレエに敵うものは無いですね (汗

▼バレエファンさん:
>続き待ってま〜す!
>バレエ大好きなので、どんなダンサーなのかな・・・と想像しながら萌えています(^^;;
>体がきれいな人が多いですからね>バレエダンサー。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_6 like Mac OS X) AppleWebKit/604.5.6 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@li1854-87.members.linode.com>
・ツリー全体表示

Re(1):バレエダンサーのデッサンモデル 15
 バレエファン  - 19/3/26(火) 6:53 -
>そんなに男のお尻触って何が良いんだか。と思ったけど、

男はケツです!お尻ほど「男」を感じるものはありません。
男性バレエダンサーのケツは本当にエロい。(タイツが強調するでしょ)
youtubeでよくバレエ動画見ますが、股間よりもケツに魅了されます。
触ってみたい気持ちよく分かります(^^;;
セクシーだなあと思うダンサーは、皆、お尻がキレイです♪

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/73.0.3683.86 Safari/537.36@i121-119-55-100.s41.a002.ap.plala.or.jp>
・ツリー全体表示

バレエダンサーのデッサンモデル 16
  E-MAIL  - 19/6/9(日) 21:30 -
なんとかこのポーズも乗り切った。
 
一度トイレ休憩をもらって処理してから戻ってこようか、なんて真剣に考えたけれど
そんな隙もなく次のポーズが指示された。

神崎「ベッドに後ろ向いて膝立ちになって」
「そのまま手を突いて。」
俺「ここに?」
神崎「ううん、枕の上に」

そう、四つん這いだった。

神崎「ちょっと腰を反らせて。そうそう。」
「痛くない?」

俺「痛く無いです。。。」

井上さんが「エロっ」って小さく漏らしたのが聞こえた。

神崎「じゃぁこれで20分くらい、お願いします。」

井上さんのシャッターが今まで以上に聞こえた。いろんな方向から。

しばらく神崎さんが描き続けたあと、鉛筆の音が止まり、こっちに来る気配があった。
お尻を触りにきた。

予想通りだ。そう思った。

でも、神崎さんはお尻の形を確かめた、そんな触り方をした後、
俺のお尻を明らかに撫で回した。

そして、お尻の割れ目に何かがあたったと思ったら、
クンクンという音と空気が触れる感覚があった。

当たったのは神崎さんの鼻。

俺の動揺が伝わったのか、
「さっきも言ったけど、匂いは質感を伝えるのに大切なものだから。」

もう俺はそうなんだと納得するしかなかった。
でももう納得とかそう言う問題じゃなかったんだと思う。
頭は真っ白だった。
もちろん、モノも熱を持っていた。

そして次の瞬間、神崎さんは少し褌の後ろのTになっている部分を横にずらした。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_14_4) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/12.1 Safari/605.1.15@om126161117093.8.openmobile.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re(1):バレエダンサーのデッサンモデル 16
 バットマン・タンジュ  - 19/6/10(月) 13:01 -
待ってました♪
再開ありがとうございます!

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@kd027091156123.ppp-bb.dion.ne.jp>
・ツリー全体表示

バレエダンサーのデッサンモデル 17
  E-MAIL  - 19/6/13(木) 14:07 -
神崎「毛を処理しているの?」 

もう恥ずかしさを超えていた。
井上さんとの写真撮影でTバック状のバレエ用サポーター(この話のパート1参照)を穿くときのために
除毛クリームで処理していたのだった。
毛を処理している=変態と思われるのでは無いか。本当の理由を言っても信じてもらえず変態というレッテルを貼られるのでは無いか。と思った。
今思えば、変態なことをしているのは向こうの方なのに。

俺「はい。」
俺は上に書いたことを説明した。何よりその写真を撮影したのはそこにいる井上さんなのだから。

神崎「なるほどね。」

そう言いながらまた鉛筆を走らせる。

すると、今度はシャッターの音が落ち着き、井上さんが近づいてきた。

何をするのかと疑問に思ったのは本当に一瞬だった。
井上さんもTの部分をずらし、のぞいてきた。

井上「本当だ。気を遣って処理してくれていたんだね。ツルツルだ。」

俺の顔からは火が吹いていたと思う。

そして、井上さんもクンクンし始めた。
匂いも作品に必要なんだろう。って一瞬思いそうになって、いや違うだろ。って体を避けた。

神崎「動かないで。今いいところだから。」
俺「すみません。」

それを良いことに。なのか何なのか、井上さんはT部分を再びずらし、匂いを嗅いできた。

井上「良い匂いだよ。」

そのまま尻たぶ(?)に柔らかくて少しだけあたたかい、そしてなぜか優しさを感じる様な感触があった。
それがキスだとすぐにわかった。

ビクっ と体が反応した。

神崎「稜くんもうちょっと我慢して。」

俺「ん・・・」
もう声になってたかわからない。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_6 like Mac OS X) AppleWebKit/604.5.6 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@061244217130.ctinets.com>
・ツリー全体表示

バレエダンサーのデッサンモデル 18
  E-MAIL  - 19/6/13(木) 14:08 -
井上さんは、俺が神崎さんに描かれていて動けないのを良いことに
今度は堂々とゆっくり、唇で尻たぶにキスをしてきた。

唇を離すと、鼻で頭からわき毛、そして背中にかけて、じっくりと匂いを嗅いでいった。
井上「とっても清潔な、でも体温で香水と石鹸の匂い混じって最高な匂いだよ。」
もう僕の頭は真っ白。モノは限界だった。

手の指でゆっくりと優しく、触ってるか触ってないかくらいの感覚で
Tバックのモノを包んでいる部分・・・玉の部分をさわさわして来た。

「あぁ」
俺はビクんと大きく体を震わせ、枕に顔を埋める様に崩れた。

井上「すごい。下着を通り越して我慢汁が糸を引いてるよ。」

何もできずに息だけが荒くなっていく俺。

どれくらいさわさわされていたんだろう。
井上さんの左手が、俺のカラダに巻きついて、胸をこれまた絶妙な具合でさわさわし始めた。

俺の乳首を弄ぶ間も右手は俺の玉を下着の上から触っていた。

はぁはぁ と不本意な吐息が部屋に響く。

神崎「お疲れ様。じゃぁ連続で悪いけど最後に仰向けに寝て。」

大きくなったモノが狭い下着の中で脈打っていることに対する恥など
忘れるところだった。

急に神崎さんにおそれを見られることに対する羞恥心みたいなものが・・・
と思った瞬間に目に入ったのは、大きくなった下着のしみだった。

もう表面張力のように、下着の上に俺の我慢汁が玉を作っていた・・・

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_6 like Mac OS X) AppleWebKit/604.5.6 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@061244217130.ctinets.com>
・ツリー全体表示

バレエダンサーのデッサンモデル 19
  E-MAIL  - 19/6/13(木) 14:09 -
神崎さんは気にもかけない様に
俺の肩甲骨、首、頭それぞれの後ろにうまい具合に枕を置いて、
ベッドの壁(?)にもたれかかるような姿勢になった。

神崎「それで、両手を頭の後ろに組んで、膝を曲げて両足を上げてくれる?」

M字開脚の様なポーズ。かろうじてTバックの紐部分で隠れた俺のおしりの穴が神崎さんに見える状態。

神崎「じゃぁこれで。連続だしキツイと思うから、これは5分ちょいで描くね。あとちょっと我慢してね。それじゃぁお願いします。」

またストップウォッチをスタートさせた。

事務的に事を進めた神崎さんに俺のモノは落ち着きを取り戻しそうだったが、
この下着でこのポーズで恥ずかしい姿をさらしている状況に、自分の意図に反してモノはドクドクと動く。

井上さんも俺の元を離れ、写真を撮る。

もうやり過ぎだよ。なんて言える一線はとっくに越してしまった。

鉛筆の音とシャッター音がまた部屋に響く。


そんな中一人ベッドの上で身体中に熱を持ち火照らせる俺・・・

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_6 like Mac OS X) AppleWebKit/604.5.6 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@061244217130.ctinets.com>
・ツリー全体表示

Re(1):バレエダンサーのデッサンモデル 19
 バレエファン  - 19/10/21(月) 4:58 -
続きが気になります。再開、お待ちしています!

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/77.0.3865.120 Safari/537.36@i223-219-102-210.s41.a002.ap.plala.or.jp>
・ツリー全体表示



50 / 6383 ツリー    ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃投稿順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
 
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v0.99b5