Hな話掲示板


Hな体験談、作り話の投稿の場です。
以下は削除されます。
・仲間探し(出会いのコンテンツへ)
・悩み相談(「悩み相談」へ)
・疑問や質問(「Q&A」へ)
・内輪話(チャットや「雑談」へ)
・否定的なコメント
・実話か創作かの議論

※ここはゲイサイトです。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃投稿順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
50 / 6482 ツリー    ←次へ | 前へ→
返信は記事右上のメールマークより匿メールをお使い下さい。
詐欺被害の報告が多発しています。売り専の勧誘、薬物・物品販売などのメールは無視して下さい。
管理人を騙ったメールが送信されていますが、当サイトから警告や通報のメールを送ることはありません。
サポの書き込みはサポ専用掲示板に。18禁、マジメ、写真での募集投稿は削除します。

数年前の◯学生の話1 けん 20/4/25(土) 14:28
数年前の◯学生の話2 けん 20/4/25(土) 14:30
数年前の◯学生の話3 けん 20/4/25(土) 14:32

数年前の◯学生の話1
 けん  - 20/4/25(土) 14:28 -
暇でセフレに送った過去の体験談が好評だったんで載せますね

掲示板で会う約束をした男の子がメールをしているうちに実は1◯歳だということがわかり、「やっぱりエッチするのやばいよ」と断ろうとしたが、「俺が誰にも言わなければ、バレないからエッチしようよ」と何度も頼まれたから、最終的に会うことにした。
実際に会ってみたら、細身の可愛らしい子だった。恭平という名前だった。
まずは俺の部屋で抱っこし、おやすみイチャイチャしながら1時間位キスしまくった。俺のチンコが大きくなり、「しゃぶりたい」と言うので、ズボンを脱がしてもらい、でかくなった俺のチンコを小さなお口で一生懸命くわえてくれた。
15分ぐらいフェラしてもらった後、今度は俺が恭平の服を脱がした。細身の体でピンク色の乳首をしていた。俺は恭平のピンク色の乳首を舌先でチロチロと舐めた。恭平は乳首を舐められながら「アンアン」と小さく吐息が漏れた。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 13_3_1 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/13.0.5 Mobil...@KD182251036107.au-net.ne.jp>
・ツリー全体表示

数年前の◯学生の話2
 けん  - 20/4/25(土) 14:30 -
その後、恭平と俺は一緒にお風呂に入った。湯船の中で俺は恭平を後ろから抱きしめ、恭平は顔だけこちらに向け、俺にしきりにキスをねだってきた。
キスをする度に恭平の小さなちんこがビクンビクン反応している。まだ完全に皮が剥けない、という話だったので、湯船の中で無理やり剥こうとしたが、痛がってしまった。
仕方なく、半起ち半皮かむりの状態でもう一度寝室に戻った。
寝室に戻ると、恭平は抱っこをねだり、もう一度抱っこしながら、30分近くキスをしまくった。俺は恭平にディープキスをしながら、舌を絡める方法や唇を軽く噛む方法のキスを教えた。
恭平の目はトロンとしてきている。
「もうチンチンが欲しい」
恭平がそう言うと、俺は恭平にアイマスクで目隠しをし、ベルトで手を縛った。そして、ローションを自分の指に付けると、恭平のアナルにゆっくりと入れた。
中指を入れ、金玉の裏側、前立腺をやさしく撫でてみた。
「なんか変な感じがする」「それが続くと気持ちよくなるよ」
アナルが緩んだところで、俺は恭平のアナルにエネマグラを入れ、バイブで刺激した。
「さっきのところがジンジンする、なんか変な感じがする」
そう言いながらも、恭平の半皮かむりちんこはバイブのリズムでゆっくりと上下し、先走りが出はじめた。
俺は恭平の口元に自分のちんこを持っていくと、恭平は俺のちんこを慣れない手つきでペロペロし始めた。
手慣れてない人のフェラは気持ちいい。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 13_3_1 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/13.0.5 Mobil...@KD182251036107.au-net.ne.jp>
・ツリー全体表示

数年前の◯学生の話3
 けん  - 20/4/25(土) 14:32 -
恭平の半皮かむりちんこからたくさんの先走りが出て、恭平のおなかにエロい池が出来上がっている。
「そろそろ入れる」俺がそう聞くと、恭平は静かにうなづいた。
俺はゆっくり自分のギン起ちちんこを恭平のアナルに入れる。
あと1/2、1/3・・・
根元まで全部入れると恭平が「なんかすごい押されている感じ」と。
「痛くない?」って聞くと、「痛くはない」と恭平が答えた。俺は恭平を抱きかかえて坐位の体勢になった。恭平の両ひざの下に腕を入れ、半駅弁で恭平を上下に持ち上げた。
「やばい、気持ちいい」と言うと、恭平は俺にキスをねだってきた。俺は恭平の口に舌を入れて、恭平の舌と絡め合わせながら、膝抱えにしている恭平を上下に何度も動かした。
その後、俺は完全に仰向けになり、恭平だけ起き上がったままにした。騎乗位だ。
「どうしたらいい?」って恭平が言うので、「恭平が思う通りに動いてみな」と俺が答えた。
恭平は俺の上で上下にゆっくり動き始めた。「気持ちいい」
そこで俺が、恭平の動きを止め、恭平のケツを掴み「こう前後に動いた方が気持ちいいよ」と前後に恭平を動かし始めた。
「ああ、何か電気が走ったようにビクッてなった」という恭平に「そこが前立腺だよ」と俺は教えた。
「自分のペースで前後に動いてみな」と俺が言うと、恭平は恐々前後に動き始めた。
後ろに思いっきり引いたときに俺の固くなったちんこが恭平の前立腺を最も刺激し、恭平は一瞬ビクッとなる。
「でもなんか病みつきになりそう」と恭平は言うと、段々前後に激しく動き始め、「ちんこやばい、ちんこ気持ちいい」って言い始めた。
腰を前後に激しく動かしながら、恭平は「ちんこ気持ちいい」「ちんこやばい」と繰り返し喘いでいる。
恭平が15分ぐらい、騎乗位の体位で動いた後に俺は正常位に戻り、恭平に聞いた。
「ナマでやってみる?」
恭平は静かにうなづいた。
俺は恭平のアナルからちんこを抜き、ゴムも外した。そして恭平のアナルに俺のナマちんを挿入した。
「やばい、ナマちん気持ちいい」「はまっちゃいそう」
恭平がそう言うと、「でも誰のちんこでもやっちゃ駄目だよ。俺のは検査済みだからいっぱい味わっていいから」と俺が言うと、恭平は嬉しそうにし、俺とキスをした。
そして、今度はナマちんで坐位、騎乗位となり、俺はそこで恭平の目隠しを外した。
「恥ずかしい、でも気持ちいい」恭平がそう言うと、「さっきとナマちん、どっちが良い?」って俺が聞いた。
「ナマちんが一番いい」と恭平は言うと、自分の前立腺に俺のナマちんを当てるように更に激しく前後に動いた。
恭平はそれを20分ぐらい続け、恭平が疲れ切ったところで正常位に戻った。
ラストだ。
俺は恭平の足を持ち上げたり広げたりしながら、激しく腰を動かし、恭平のアナル奥を刺激しまくった。
「そろそろイキそう」「中に出して」
恭平が被せるようにそう答えた。
「中で良いの?」俺がそう聞くと、恭平は「中に出してほしい、ゆうのが欲しい」って。かわいいな。
俺は更に激しく動いた後に、腰を恭平に強く押し付け、恭平のアナル奥に精子を流し込んだ。
「なんか中でまだビクビクしている」と恭平が言い、そんな恭平に「かわいいな」って俺が言いながら、また恭平と激しくキスしまくった。

以上です

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 13_3_1 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/13.0.5 Mobil...@KD182251036107.au-net.ne.jp>
・ツリー全体表示



50 / 6482 ツリー    ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃投稿順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
 
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v0.99b5