Hな話掲示板


Hな体験談、作り話の投稿の場です。
以下は削除されます。
・仲間探し(出会いのコンテンツへ)
・悩み相談(「悩み相談」へ)
・疑問や質問(「Q&A」へ)
・内輪話(チャットや「雑談」へ)
・否定的なコメント
・実話か創作かの議論

※ここはゲイサイトです。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃投稿順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
26 / 6342 ツリー    ←次へ | 前へ→
返信は記事右上のメールマークより匿メールをお使い下さい。
詐欺被害の報告が多発しています。売り専の勧誘、薬物・物品販売などのメールは無視して下さい。
管理人を騙ったメールが送信されていますが、当サイトから警告や通報のメールを送ることはありません。
サポの書き込みはサポ専用掲示板に。18禁、マジメ、写真での募集投稿は削除します。

芸能人8 けいじ 18/12/26(水) 22:51
Re(1):芸能人9 けいじ 18/12/26(水) 23:35
Re(2):芸能人9 博司 18/12/27(木) 7:17
Re(2):芸能人9 たかなり 19/1/2(水) 18:35

芸能人8
 けいじ  - 18/12/26(水) 22:51 -
2回戦を終えて二人はベッドに横になった。今度はさっきとは逆に自分が腕枕をして彼を胸元に引き寄せる。軽くキスをしながらイチャついていると彼の手が自分のあそこに…さすがにその時は反応はしていなかったが、彼は逆にそれを楽しむかのように強弱をつけながもんできた。何度もになってしまうが性欲が人並み以上の自分、数分も経たないうちにマックスに達してしまった。彼の下半身が自分のももへと絡みつく。彼もまた巨大にそして鋼のようになったいるのが感じられた。彼が不意に自分の唇を奪い激しく舌を絡ませてきた。たぶんここまでに2時間はまだ経っていないであろう。それなのに…。彼がウケであることを知った今、再び自分から彼を責めようとしたその時、彼が口を開いた。
「俺、本当はMなんだ。しかもかなりヤバい。」「えっ、M?」自分は一瞬、彼が何を言ってるのか理解できなかった。すると彼は続けて「虐めて欲しい」と真顔で言ってきた。そこまで聞いてやっと理解できた自分は彼に聞いた。「どんなことして欲しいの?」彼はしばらく間を置き「他人に見られる場所はマズいけど、それ以外の所を思いっきり痛めつけて欲しい。」「たとえばこんな風に?」彼の固くなったそれを思いっきり握りしめ、そして引っ張った。彼は大きく声をあげ、「気持ちいい、もっともっと痛めつけてください」懇願してきた。
彼が…テレビや映画では爽やかそで、歳の割には高校生なども演じ純情そのものといった彼が、まさかこんな痴態を晒しているとは…
彼が望む通り、次は袋におさまった二つの玉を力の限り握った。彼が苦痛の表情を見せる。ただ、やめようとすると彼の方から「辞めないで、もっと、もっと」望んでくる。こちらもスイッチが入ってしまった。さっきまでの自分とは別人の自分がそこに。厳しくそして汚い口調で彼を罵った。戻るはずのない彼の皮を力いっぱい引っ張り、ローションで亀頭を激しく刺激し、玉を握りつぶし…その場で考えられる全ての苦痛を彼に与えた。ただ、その間も彼は衰えることはなかった。そらどころか、これまでにも増して彼のものは充血し黒々とさせながら固さを増していた。
自分も手を使い果たし、しばし、間が空くと、彼はベットから立ち上がりベット横の引き出しから何かを取り出してきた。それは………

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 12_1 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/12.0 Mobile/15...@softbank126209053020.bbtec.net>
・ツリー全体表示

Re(1):芸能人9
 けいじ  - 18/12/26(水) 23:35 -
彼はベット脇の引き出しから細いロープを持ってきた。彼はそのロープで自分のアソコを縛って欲しいと言ってきた。今までにも色々な客を相手にしてきたが今回のようなことは始めてである。自分がたじろいでいると、彼は自らロープをペニスの根元に縛りだし、続けて自分にやるようにと急かしてきた。自分は最初、さすがにこれは…と思い少し軽めにロープをペニスに縛ると彼は不満足そうに、もっとキツくと求めてきた。かなりの力で彼の根元を縛り上げると彼は苦痛の表情を見せる。そこで手を緩めると彼は自分の手を取り強く引くようにと求めたきた。彼は何を求めてるのか…自分でもどうすればいいのかわからなくなってきていた。その間も彼の巨大なペニスはピンクから赤、そして赤黒くと色を変え、さっきまでの美しかった彼の痴態から本当にいやらしい姿へと変貌していた。彼はその姿のまま、自分のペニスを求めてきた。あまりのことにさすがの自分も少し元気をなくしていたアソコに彼は自ら口を近づけて、さっきまでの紳士的な姿とは別人のようにペニスに食らいついてきた。激しいフェラ、そして彼の獣にも似た変態と言ってもいいであろう、いやらしい姿。自分のペニスは激しく天を突いた。そして間髪をあけず、彼は自らローションを手に取り、そして自分のペニス、それと彼の尻の穴へと塗りたくった。彼は自ら後ろを向き、そして自分のペニスを秘部へと導いた。その間もじぶんの片手にはロープが握られ、その先には彼の充血しそして巨大な物が繋がれていた。自分は今度もまた生のまま彼を激しく突いた。そして片手で彼の髪を激しく引き、乳首にも爪を立てて彼を刺激した。彼は涙こそは出ていなかったが激しく苦痛の雄叫びをあげる。さすがに3度目ともなると自分もなかなかフィニッシュへとはならない。それでもアソコは激しく反応し彼を満足させるだけの働きは十分に果たしていた。15分くらいは続いたであろうか、彼はぐったりとベッドに倒れこんだ。満足したのであろう。自分はそう思い彼と身体を離し、そしてからの横に寝そべった。彼はさっきまでの激しい苦痛の顔から元の表情へと変わり、額の汗を軽く拭いながら「最高です、こんなことずっと想像していたんです」、スポーツをやっている高校生のようなあどけない表情で白い歯を見せた笑った。彼のペニスへと手をかけ、そしてロープをほどいた。そこにはくっきりと赤くミミズばれの跡が残り少し痛々しい。その時、自分はハッとした。最初に彼とシャワーを浴びた時に彼のペニスにあった無数の痛さなキズ、それは今回と同じようなことを彼は一人でやり、そして自らの手で自分を痛めつけて、そして快楽を求めていたに違いない。そう確信した。彼はまたキスを求めてきた。そして手はまた自分のアソコへと…まだ満足していないのか…?そう思いながらも二人は激しく身体を重ね、そして求め合った。どちらともなくお互いのアナルを探り当て、そしてお互いにペニスを入れ合った。これが男同士のセックスか、常に一方的な男女のセックスとは違う、お互いに求め求め合う、そんなセックスが可能なのは男同士だからである。二人はまるで獣であった…。そして…二人の興奮は絶頂に…
そして彼はまた別の要求を自分に突きつけてきた、それは…

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 12_1 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/12.0 Mobile/15...@softbank126209008025.bbtec.net>
・ツリー全体表示

Re(2):芸能人9
 博司  - 18/12/27(木) 7:17 -
やっぱり続きめちゃくちゃ気になりますよ&#8252;&#65039;

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Linux; Android 7.0; 502SO) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/71.0.3578.99 Mobile Safari/537.36@om126234056193.16.openmobile.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re(2):芸能人9
 たかなり  - 19/1/2(水) 18:35 -
けいじさん、続きをお願いします
絶筆しないでくださいね

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Linux; Android 6.0.1; F-01H Build/V18R050D; wv) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Chrome...@sp1-75-243-20.msb.spmode.ne.jp>
・ツリー全体表示



26 / 6342 ツリー    ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃投稿順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
 
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v0.99b5